「第27回ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)」出場騎手決定!

 11月30日(土)・12月1日(日)に阪神競馬場で行われます第27回ワールドスーパージョッキーズシリーズに騎乗する騎手が決定しましたのでお知らせいたします。

○JRA所属騎手

関  東
氏名 選出理由
戸崎 圭太 勝利度数1位
内田 博幸 勝利度数2位

関  西
氏名 選出理由
福永 祐一 勝利度数1位
浜中 俊 勝利度数3位
川田 将雅 勝利度数4位
岩田 康誠 特別参加騎手※

2013年サマージョッキーズシリーズチャンピオンを選出。(勝利度数関西2位)

○地方競馬代表騎手

川原 正一(兵庫・重畠 勝利 厩舎)

○海外招待騎手


第27回ワールドスーパージョッキーズシリーズ参加騎手

○JRA所属騎手

【関 東】
戸崎 圭太騎手(美浦・田島 俊明 厩舎)

生年月日 1980年7月8日 33歳
通算成績 1,696戦176勝
本年成績 754戦108勝(うちJRA外41戦11勝)【関東1位】
本年の主な勝鞍
ユニコーンステークス(GIII)   ベストウォーリア
北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)   アイムユアーズ
京成杯オータムハンデキャップ(GIII)   エクセラントカーヴ
     
さきたま杯(JpnII)   テスタマッタ
(10月27日現在)

内田 博幸騎手(美浦・フリー)

生年月日 1970年7月26日 43歳
通算成績 5,744戦770勝
本年成績 774戦106勝(うちJRA17戦3勝)【関東2位】
本年の主な勝鞍
ダイヤモンドステークス(GIII)   アドマイヤラクティ
報知杯弥生賞(GII)   カミノタサハラ
阪神大賞典(GII)   ゴールドシップ
ニュージーランドトロフィー(GII)   エーシントップ
サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)   デニムアンドルビー
ヴィクトリアマイル(GI)   ヴィルシーナ
農林水産省賞典目黒記念(GII)   ムスカテール
宝塚記念(GI)   ゴールドシップ
エルムステークス(GIII)   フリートストリート
関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)   デニムアンドルビー
サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス(GIII)   ダノンシャーク
     
ジャパンダートダービー(JpnI)   クリソライト
東京盃(JpnII)   タイセイレジェンド
(10月27日現在)

【関 西】
福永 祐一騎手(栗東・フリー)

生年月日 1976年12月9日 36歳
通算成績 12,914戦1,565勝
本年成績 712戦111勝(うちJRA外17戦4勝)【関西1位】
本年の主な勝鞍
CBC賞(GIII)   マジンプロスパー
神戸新聞杯(GII)   エピファネイア
毎日王冠(GII)   エイシンフラッシュ
菊花賞(GI)   エピファネイア
天皇賞(秋)(GI)   ジャスタウェイ
     
兵庫チャンピオンシップ(JpnII)   コパノリッキー
北海道スプリントカップ(JpnIII)   セレスハント
マーキュリーカップ(JpnIII)   ソリタリーキング
(10月27日現在)

浜中 俊騎手(栗東・フリー)

生年月日 1988年12月25日 24歳
通算成績 5,220戦533勝
本年成績 737戦109勝(うちJRA外7戦5勝)【関西3位】
本年の主な勝鞍
シンザン記念(GIII)   エーシントップ
京都牝馬ステークス(GIII)   ハナズゴール
フェブラリーステークス(GI)   グレープブランデー
読売マイラーズカップ(GII)   グランプリボス
毎日放送賞スワンステークス(GII)   コパノリチャード
     
TCK女王盃(JpnIII)   メーデイア
マリーンカップ(JpnIII)   メーデイア
スパーキングレディーカップ(JpnIII)   メーデイア
レディスプレリュード(JpnII)   メーデイア
(10月27日現在)

川田 将雅騎手(栗東・フリー)

生年月日 1985年10月15日 28歳
通算成績 6,221戦699勝
本年成績 646戦107勝(うちJRA外15戦1勝)【関西4位】
本年の主な勝鞍
報知杯フィリーズレビュー(GII)   メイショウマンボ
マーメイドステークス(GIII)   マルセリーナ
新潟2歳ステークス(GIII)   ハープスター
     
サマーチャンピオン(JpnIII)   エーシンウェズン
(10月27日現在)

岩田 康誠騎手(栗東・フリー)

生年月日 1974年3月12日 39歳
通算成績 7,831戦1,054勝
本年成績 784戦110勝(うちJRA外53戦10勝)【関西2位】
本年の主な勝鞍
東京新聞杯(GIII)   クラレント
阪急杯(GIII)   ロードカナロア
高松宮記念(GI)   ロードカナロア
アンタレスステークス(GIII)   ホッコータルマエ
農林水産省賞典安田記念(GI)   ロードカナロア
エプソムカップ(GIII)   クラレント
農林水産省賞典札幌2歳ステークス(GIII)   レッドリヴェール
スプリンターズステークス(GI)   ロードカナロア
     
エンプレス杯(JpnII)   ミラクルレジェンド
黒船賞(JpnIII)   セイクリムズン
関東オークス(JpnII)   アムールポエジー
白山大賞典(JpnIII)   エーシンモアオバー
(10月27現在)

【中央競馬補欠騎手】

関  東 関  西
氏名 選出理由 氏名 選出理由
北村 宏司 勝利度数3位 武 豊 勝利度数5位

○地方競馬代表騎手

川原 正一(かわはら しょういち)騎手(兵庫・重畠 勝利 厩舎)

生年月日 1959年3月14日 54歳
通算成績 24,647戦4,380勝

中央競馬の成績を含まない
平成24年成績 1,068戦197勝

中央競馬の成績を含まない
1976年4月28日に笠松競馬場でデビュー。1996年に自身初の笠松競馬リーディングジョッキーに輝き、1999年から2004年まで6年連続でリーディングを獲得している。2005年には兵庫県競馬へ移籍。2012年2月7日に地方競馬史上8人目となる地方競馬通算4,000勝を達成した地方競馬を代表する騎手である。
ワールドスーパージョッキーズシリーズでは、1997年に総合優勝を果たしており、本年の地方競馬代表騎手選定競走であるスーパージョッキーズトライアル2013においても、合計45ポイントを獲得して総合優勝し、自身2度目となる地方競馬代表騎手の座を勝ち取った。
  (10月17日現在)

【地方競馬補欠騎手】
桑村 真明騎手(北海道・角川 秀樹 厩舎)

○海外招待騎手

ゲイリー・スティーヴンス騎手

生年月日 1963年3月6日
地区 北アメリカ
国名 アメリカ合衆国
WSJS出場 過去3回出場(1991年、1992年、1998年)
リーディング
2013年シーズン   北米獲得賞金   11位   359戦 64勝
主なG1勝鞍 ブリーダーズカップクラシック、ブリーダーズカップディスタフ
オーサムアゲインステークス、ゼニヤッタステークス
デルマーデビュタンテステークス、ヴァニティハンディキャップ
ゲームリーステークス、プリークネスステークス
米国アイダホ州出身。79年に米国で騎手デビューし、90年、98年には全米リーディングジョッキーの座に輝く。97年にはアメリカ競馬の殿堂入りを果たし、98年にはエクリプス賞を授賞。しかし、99年、膝の痛みを理由に1度目の現役引退。翌年、現役復帰するも、05年に再び引退を表明。そして本年、7年ぶりに再度の現役復帰を果たした。復帰後は、プリークネスステークスをオクスボウで、自身初となるブリーダーズカップクラシックをムーチョマッチョマンで制するなどG1を8勝。通算では、米国三冠レースをそれぞれ3勝(計9勝)、ブリーダーズカップ諸競走で10勝を挙げ、現役ながら既に米国競馬史上、最も優れた騎手の一人として、その名をとどろかせている。本年、50歳にして2度目の現役復帰を果たした不屈の精神は、競馬界のみならず、スポーツアスリートとしても高い評価を受けている。
00年に公開された映画「シービスケット」では、ジョージ・ウルフ騎手役として出演。日本では91年のジャパンカップをゴールデンフェザントで制するなど、通算26戦3勝。
  (11月10日現在)

2013ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ出場にあたってのコメント
「日本で前回騎乗したのは、引退前の1998年になるので、随分昔になりますが、それは今も素晴らしい思い出として、よく覚えています。この間で世界トップレベルに成長した日本のハイレベルな競馬に招待され、参戦できることを嬉しく思います。久しぶりの日本での騎乗をエンジョイし、日本の競馬ファンに会えることを楽しみにしています。」

パトリック・スマレン騎手

<!–




–>
生年月日 1977年5月22日
地区 ヨーロッパ
国名 アイルランド
WSJS出場 2004年に続いて2回目
リーディング
2012年シーズン   愛国勝鞍   2位   572戦84勝
2013年シーズン   愛国勝鞍   2位   599戦83勝
主なG1勝鞍  
愛国生まれ。農家で生まれ育ち、11歳の時に兄に連れられて牧場やセリ、馬術イベントを見たのが馬との関わりのきっかけとなる。1993年から見習騎手として4年間を過ごした後、1997年のオフシーズンにはドバイに渡り経験を積む。G1初勝利はT・スタック厩舎の専属騎手時代の1997年。1999年にM.キネーン騎手がA.オブライエン厩舎に移籍したのを受け、愛国トップトレーナーの一人であるD.ウェルド厩舎の専属騎手を務めるようになる。以来、2000、2001、2005、2007、2008、2010年と6度も愛国リーディングを獲得。英2000ギニーや愛ダービーなどのビッグレースも数多く制している。日本での初騎乗は1996年のヤングジョッキーズワールドチャンピオンシップ。その後、2002年にはジャパンカップでイリジスティブルジュエルに騎乗しており、今回はそれ以来の来日となる。本シリーズは2004年以来、2度目の出場。
  (11月10日現在)

2013ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ出場にあたってのコメント
「世界のトップジョッキーが参加することで有名なワールドスーパージョッキーズシリーズに招待していただき、非常に名誉に感じています。良い結果が残せるようベストを尽くします。」

リチャード・ヒューズ騎手

生年月日 1973年1月11日
地区 ヨーロッパ
国名 イギリス
WSJS出場 初出場
リーディング
2012年シーズン   英国勝鞍   1位   834戦172勝
2013年シーズン   英国勝鞍   1位   995戦203勝
主なG1勝鞍 ブリーダーズカップジュベナイルフィリーズターフ
クイーンエリザベスII世ステークス
サンチャリオットステークス、フィリーズマイル
ヴィンセントオブライエンナショナルステークス、サセックスステークス
コロネーションステークス、英オークス、英1000ギニー
愛国(ダブリン)生まれ。父は愛国の元障害騎手で、現在は愛国の障害調教師(2012−2013年リーディング3位)。英国騎手で最も高い身長178cm。英国リーディングトレーナーで、妻の父でもあるR.ハノン厩舎の主戦騎手を務める。ここ10年は毎年、英国リーディング上位にランクインし、2008〜2010年の3年連続2位もあったが、ついに昨年、172勝を挙げて初のリーディングを獲得する。本年も11月10日終了現在、203勝と2位以下を引き離して首位を独走中。昨年まで欧州のG1競走を数多く制する中、英国クラシック競走には縁がなかったが、本年、1000ギニーで初制覇を果たすと続くオークスも異なる馬で見事に勝利を収めた。昨年の10月15日にはウィンザー競馬場でデットーリ騎手に並ぶ1日7勝(8戦中)の記録を打ち立てる。過去には障害競走にも騎乗しており、1997年には愛国で障害G1を制した経歴も持つ。日本での騎乗は2003年−2004年の短期免許取得時以来となり、本シリーズは初出場となる。
  (11月10日現在)

2013ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ出場にあたってのコメント
「ワールドスーパージョッキーズシリーズに出場することが出来て本当に嬉しく思います。日本という素晴らしい国で騎乗できることをすごく楽しみにしています。」

ライアン・ムーア騎手

生年月日 1983年9月18日
地区 ヨーロッパ
国名 イギリス
WSJS出場 2006年、2009年、2010年、2012年に続いて5回目
リーディング
2012年シーズン   英国勝鞍   4位   594戦115勝
2013年シーズン   英国勝鞍   2位   879戦186勝
主なG1勝鞍 ブリーダーズカップターフ、ブリーダーズカップフィリー&メアターフ
カナディアンインターナショナルステークス、ビヴァリーDステークス
サンクルー大賞、ゴールドカップ、英ダービー
英国生まれ。父は調教師、2人の兄弟は障害騎手と競馬一家で育つ。2000年に父の管理馬に騎乗し障害競走でデビュー、いきなりの勝利を挙げる。2002年からは舞台を平地に移し、翌2003年に英国最優秀見習い騎手に輝く。英国リーディングはこれまで3度獲得(2006年・2008年・2009年)しており、23歳でのリーディング獲得は史上2番目の若さであった。2008年からは名門M.スタウト厩舎の主戦として活躍し、2010年には同厩舎のワークフォースで英ダービー、凱旋門賞のビッグタイトルを手にした。また同年、スノーフェアリー号で英・愛オークスを制覇。日本でも同馬に騎乗し、2010年・2011年と史上初の外国馬によるGI(エリザベス女王杯)連覇を達成。近年は、アイルランドの名門オブライエン厩舎の馬に騎乗する機会も増え、本年はルーラーオブザワールドで英ダービーを制した。また、今年のロイヤルアスコット開催ではエスティメイトに騎乗して、エリザベス女王にゴールドカップ初勝利をプレゼントした。初の東京開催となった2010年の本シリーズでは、見事優勝を果たしている。
  (11月10日現在)

2013ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ出場にあたってのコメント
「今年もワールドスーパージョッキーズシリーズに出場できることを非常に楽しみに思っています。全力を尽くしてがんばります。」

アンドレアシュ・シュタルケ騎手

生年月日 1974年1月4日
地区 ヨーロッパ
国名 ドイツ
WSJS出場 2007年、2008年、2012年に続いて4回目
リーディング
2012年シーズン   独国勝鞍   1位   1,088戦157勝
2013年シーズン   独国勝鞍   1位   384戦82勝
主なG1勝鞍 ダルマイヤ大賞、ドイツダービー
ドイツ出身の39歳。1989年に15歳でアマチュア騎手としてキャリアをスタート。1996年には名門シュッツ厩舎の主戦ジョッキーとなり、この年、ディアナ賞(ドイツオークス。当時はG2)を制するなど、年間111勝と大躍進。翌1997年にG1初勝利を挙げると、その後、通算6回(1998、1999、2000、2001、2003、2012年)ドイツリーディングを獲得している。一昨年の凱旋門賞ではデインドリームに騎乗し、ドイツ人騎手として同レースを初制覇。昨年のキングジョージも同馬で制し、ドイツ調教馬初勝利の快挙を遂げた。本年はラッキースピードによる6度目のドイツダービー勝利をはじめ、勝ち鞍、獲得賞金、勝率で他の追随を許さぬ成績を残しており、7回目のリーディングをほぼ確定的としている。本シリーズ出場は2007、2008、2012年に続く4回目。
  (11月10日現在)

2013ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ出場にあたってのコメント
「今回が私にとってワールドスーパージョッキーズシリーズ4回目の出場となります。世界の中でも特に素晴らしいと感じている日本の競馬場を舞台に行われるこのシリーズにまた参加できることをとても光栄に思っています。もちろん、日本及び世界中のトップジョッキーと腕を競えることも非常に楽しみです。日本競馬の大ファンの一人としてシリーズを盛り上げたいと思います。」

マキシム・ギュイヨン騎手

生年月日 1989年5月7日
地区 ヨーロッパ
国名 フランス
WSJS出場 2010年に続いて2回目
リーディング
2012シーズン   仏国勝鞍   2位   1,088戦157勝
2013シーズン   仏国勝鞍   2位   1,144戦187勝
主なG1勝鞍 ヴィットーリオディカプア賞、ジャンロマネ賞、パリ大賞
フランス、ラヴァル生まれの24歳。2003年9月よりトップトレーナー、A.ファーブル厩舎に所属し、2005年5月に見習騎手免許を取得。同年8月15日に初勝利を飾る。2008年にプロ騎手免許を取得すると、初年度は63勝でフランスリーディング10位。翌2009年にはキャヴァルリーマンでパリ大賞典を勝利し、G1初制覇。2010年にはロペデヴェガとのコンビで仏2000ギニー、仏ダービーを制している。この年は国外初のG1勝利となるプリンスオブウェールズS(ロイヤルアスコット開催)勝ちを含むG1 4勝を挙げ、リーディング(勝利数)2位、獲得賞金1位となる。続く2011年にはG1を6勝、2012年はG1を5勝とファーブル厩舎の主戦騎手として実績を積み重ねてきた。本年もここまでG1を3勝しており、11月10日終了現在、リーディング2位。2010年の本シリーズ出場時に日本初騎乗を果たしており、今回が2度目の来日となる。
  (11月10日現在)

2013ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ出場にあたってのコメント
「今回、3年ぶりにこのシリーズに参加させてもらえることになって、とても嬉しく思っています。我々の間でも日本で行われるワールドスーパージョッキーズシリーズは有名で、それに選ばれることは光栄なことです。二度目の来日となりますが、また日本でレースに騎乗できることが本当に楽しみです。」

クレイグ・ウィリアムズ騎手

生年月日 1977年5月23日
地区 オセアニア
国名 オーストラリア
WSJS出場 2年連続7回目
リーディング
2011/12シーズン   メルボルン地区勝鞍   6位   249戦 37勝
  メルボルン地区獲得賞金   1位   $7,296,881
2012/13シーズン   メルボルン地区勝鞍   4位   273戦 43勝
  メルボルン地区獲得賞金   2位   $7,219,253
主なG1勝鞍 マッキノンステークス、コーフィールドカップ、ターンブルステークス
1993年見習い騎手として豪州でデビュー。2006年度から5年連続でWSJSに参加し、2007年度には優勝。2008/09年シーズンまで4年連続でメルボルン地区のプレミアシップ(リーディング)を獲得。2012/13年シーズンも例年同様、JRAの短期免許を取得して騎乗していることもあり、メルボルン地区リーディングは4位。しかし、コーフィールドカップやマッキノンステークス等、同地区最多タイであるG1 3勝の活躍を見せ、幅広い関係者からその騎乗技術を高く評価されている。オーストラリアで通年騎乗していた2008/09年シーズンまでは、ヴィクトリア州で最も活躍した騎手に贈られるスコービー・ブリースリー・メダルを4年連続で獲得していた。2013/14年シーズンは、メルボルン地区143戦13勝でリーディング3位(11月10日現在)。なお、本シリーズは2年連続7回目の出場となる。
 

2013ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ出場にあたってのコメント
「ワールドスーパージョッキーズシリーズにオーストラリアを代表する騎手として選出されたことは、本当に光栄なことです。このシリーズは、JRA、地方競馬、世界各国を代表する騎手達が集う素晴らしいイベントです。今年も自国オーストラリアと日本の競馬ファンのためにベストを尽くします。」

ダグラス・ホワイト騎手

生年月日 1971年11月15日
地区 アジア
国名 香港
WSJS出場 7回目
リーディング
2011/12シーズン   香港勝鞍   1位   561戦107勝
    香港獲得賞金   HK$104,055,950
2012/13シーズン   香港勝鞍   1位   543戦101勝
    香港獲得賞金   HK$109,020,900
主なG1勝鞍 2012/13 スチュワーズカップ、2012 香港ゴールドカップ
2012/13 香港ダービー、2013 香港クラシックマイル
1987年南アフリカでデビュー。96/97シーズンから香港で騎乗。00/01シーズンから昨シーズンまで13シーズン連続でリーディング1位に輝いている。昨シーズンはアキードモフィード号で香港ダービーを制した他、自身初の1日6勝の香港タイ記録の快挙を成し遂げている。
04・08・10年にはJRAの短期免許を取得して、これまで重賞2勝をあげるなどの活躍を見せており、日本の競馬ファンにもすっかりお馴染みである。
過去合計6回WSJSに出場し、2004年にはスボリッチ騎手と同点優勝を果たしている。今回は2009年以来4年ぶりの出場となっている。
9月に始まった2013/14シーズンにおいても、昨年のワールドスーパージョッキーズシリーズの優勝者であるザカリー・パートン騎手とのリーディング争いを繰り広げている。
 

2013ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ出場にあたってのコメント
「久しぶりとなりますが、このシリーズに参加できることを光栄に思います。1戦1戦を大事に乗って優勝を目指していきたいです。」

競馬予想会社の予想が本当に当たるか検証してみた
競馬予想会社のデータベース

関連記事

no image

育成調教技術者養成研修 第38期 研修生追加募集!【公益財団法人 軽種馬育成調教センター(BTC)】

公益財団法人 軽種馬育成調教センター(BTC)は、競馬にデビューする前の若馬を育成するための騎

記事を読む

no image

10月25日(金曜)は天皇賞(秋)(GI)の“金曜日発売”【ウインズ札幌・後楽園・新宿・難波・梅田】

10月25日(金曜)は、10月27日(日曜)に東京競馬場で行われる「天皇賞(秋)(GⅠ)」の金曜

記事を読む

no image

グレープブランデー号が競走馬登録抹消

2013年フェブラリーステークス(GI)などに優勝したグレープブランデー号(せん9歳 栗東・安田 隆

記事を読む

no image

ワールドエース号が競走馬登録抹消

 ワールドエース号が競走馬登録抹消 2015/12/16  2014年読

記事を読む

no image

ルミナスウォリアー号が競走馬登録抹消

2017年農林水産省賞典 函館記念(GⅢ)に優勝したルミナスウォリアー号(牡9歳 美浦・和田 正一郎

記事を読む

no image

キタサンブラック号の今後の予定について

キタサンブラック号(牡5歳 栗東・清水 久詞厩舎)の今後の予定について、同馬を管理する清水 久詞調教

記事を読む

no image

ダートグレード競走のJRA出走予定馬【5月27日(水)】

 5月27日(水)に行われるダートグレード競走に出走予定のJRA所属馬および騎乗予定騎手についてお知

記事を読む

no image

富田 暁騎手のオーストラリアにおける騎乗成績(11月19日(火曜))

11月19日(火曜)にオーストラリアのタラン競馬場で騎乗した、富田 暁騎手(栗東・木原 一良厩舎)

記事を読む

no image

有馬記念調教見学&岩元 市三厩舎訪問ツアー 参加者募集!【栗東トレーニング・センター】

 栗東トレーニング・センターでは、有馬記念(GI)の出走予定馬の調教見学に加え、「岩元 市三厩舎訪

記事を読む

no image

【ご注意ください】2月5日(日)のWIN5対象レースを変更しました

2月5日(日)の東京競馬は、出馬投票締め切りの結果、競走番号の入れ替えを行いました。これに伴い、W

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

レガリアの「極選セレクション」キャンペーンにて帯封オーバー的中の画像報告が届きました!

【投稿者コメント】
レガリアさんマジですげーっす!
管理人さんの潜入記事読んで登録して、たまたま同じ極選キャンペーンがあったので参加したらこの結果!マジで神っす!
最高の予想会社を紹介してくれてマジ感謝っす!

> 高額的中量産のレガリアはコチラ <

  • 【レガリア】的中報告きました!


    レガリアの「極選セレクション」キャンペーンにて帯封オーバー的中の画像報告が届きました!

    【投稿者コメント】
    レガリアさんマジですげーっす!
    管理人さんの潜入記事読んで登録して、たまたま同じ極選キャンペーンがあったので参加したらこの結果!マジで神っす!
    最高の予想会社を紹介してくれてマジ感謝っす!
    > 高額的中量産のレガリアはコチラ <

PAGE TOP ↑