サイレントハンター号が死亡

 九州種馬場で繋養されていたサイレントハンター号の死亡について公益社団法人 日本軽種馬協会より連絡がありましたので、お知らせいたします。


 九州種馬場で繋養されていたサイレントハンター号(牡21歳 父:サンデーサイレンス 母:ヒロポリシー)が、9月14日(日)午後2時、左上腕骨々折のため死亡いたしました。

 本馬は、産経大阪杯(GII)、新潟大賞典(GIII)2勝、中山金杯(GIII)に優勝するなど、3歳から8歳時に53戦11勝と長期にわたり活躍し、2002年より供用を開始していました。
 主な産駒に2009年ひまわり賞(オープン)を制したパリスドールや佐賀のロータスクラウン賞を勝ったナセなどがおります。

◆九州種馬場 畠添孝場長のコメント
 サイレントハンターは最後までたくさんのファンに愛され幸せな一生だったと思います。御冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました