ロンジンワールドベストレースホースランキング(2022年1月1日から5月8日)

2022年1月1日から5月8日

IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」(LWBRR)が発表されましたのでお知らせいたします。
今回の発表は2022年1月1日から5月8日までに実施された世界の主要レースを対象としていて、レーティング119以上の21頭が掲載されました。前回の中間発表以降では、英2000ギニー(G1)、チャーチルダウンズステークス(G1)、ケンタッキーダービー(G1)のほか、日本の天皇賞(春)(GⅠ)と皐月賞(GⅠ)も新たに対象となっています。
ランキング第4位までは前回と変わらず、トップタイがライフイズグッドとネイチャーストリップの2頭で、レーティングは124です。第3位はスピーカーズコーナーで、レーティングは123です。第4位はゴールデンシックスティで、レーティングは122です。前回の中間発表後、ゴールデンシックスティはチャンピオンズマイル(G1)を快勝しています。第5位タイは5頭で、前回5位タイだったカントリーグラマーとゴールデンパルに、コロエバス、ジャッキーズウォリアー、タイトルホルダーの3頭がレーティング121で新たに加わりました。コロエバスは英2000ギニー(G1)を制し、ジャッキーズウォリアーはチャーチルダウンズステークス(G1)を楽勝しました。また、タイトルホルダーは天皇賞(春)(GⅠ)を7馬身差で圧勝しランクインしています。このほか新たに掲載されたのは、皐月賞(GⅠ)を制したジオグリフ、英2000ギニー(G1)2着のネイティヴトレイル、ケンタッキーダービー(G1)に勝利したリッチストライクで、第15位タイ(レーティングは119)となっています。
日本調教馬は3頭が掲載されました。タイトルホルダーとジオグリフ以外では、前回第7位タイだったシャフリヤールがレーティング120で第10位タイとなっています。

以下のPDFファイルで、ロンジンワールドベストホースランキング・日本馬のランキング等がご覧いただけます。

2022年1月1日から5月8日

世界の主要競走

レーティングを獲得したレースの競走距離を示すもので、区分は以下のとおりです。

S【Sprint】
1,000mから1,300m(1,000mから1,599m(CAN/USA))
M【Mile】
1,301mから1,899m(1,600mから1,899m(CAN/USA))
I【Intermediate】
1,900mから2,100m
L【Long】
2,101mから2,700m
E【Extended】
2,701m以上
ページトップへ戻る

Adblock test (Why?)

タイトルとURLをコピーしました